ヨーロッパの歴史風景 近代・現代編




西暦 1861年、モナコ公国の主権がフランスによって承認された。


モナコ公国の中心にある岩山

現在のモナコ公国の大公家(グリマルディ大公家)が岩山の上の砦を奪い、モナコを占領したのは西暦1297年のことだった。

モナコ公国の大公宮殿のある岩山

それ以来、上の画像にあるモナコ公国の中心となる岩山の上に城砦やがてはモナコ大公宮殿が営まれてきたんだ。

モナコ公国の主権と周辺諸国

モナコ大公家であるグリマルディ家は、モナコ建国以来ずっと主権を維持してきたと基本的には言えるみたい。微妙な状況はしばし起こっていたし、かなりの綱渡り的な状況にも陥ったんだけどね。(下の画像は今のモナコ大公宮殿モナコの岩山の上にある。)

モナコ公国の大公宮殿

西暦1297年の建国の後、西暦1489年にはフランスとサヴォワがモナコ公国の主権を承認した。ところが、西暦1525年にはスペインの保護下に入り、続いて西暦1641年にはフランスの保護下に入っている。

ところが、西暦1789年にフランス革命が起きると、西暦1793年にはフランス革命軍によってモナコ公国は占領されてしまう。皇帝ナポレオン失脚後の西暦1814年にグリマルディ家がモナコ公国に復帰したものの翌年のウィーン条約によってモナコ公国はサルディニア王家(後の統一イタリア王家)の保護下に置かれてしまった。

モナコ公国の主権を承認したフランス

その後、イタリア統一を目指すサルディニア王家は、フランス皇帝ナポレオン3世と結び、ハプスブルク家との戦いの協力を得る見返りに領土の割譲を約束した。そして西暦1860年、ニースと共にモナコ公国の保護権はフランスに割譲されたわけだ。

そのフランスが西暦1861年にモナコ公国の主権を承認している。といっても、やり手のビジネスマンのようなフランス皇帝ナポレオン3世が単なる善意でモナコ公国の主権を承認したわけじゃない。その際にモナコ公国はかなりの領地(岩山の上の鷲の巣村エズなど)をフランスに割譲している。その上でモナコ公国の主権が承認されたというわけだ。

モナコ公国の大公宮殿の衛兵

ちなみに、上の画像はモナコ大公宮殿の衛兵。毎日11時55分に行われる衛兵交代は、モナコでも人気のイベントになっているんだ。イギリスの首都ロンドンバッキンガム宮殿の衛兵交代ほどじゃないにせよ。(ついでながら、19世紀後半にはモナコ大公宮殿は、ローマサン・ピエトロ大聖堂と同様に、スイス衛兵が警護していたらしい。)

その後のモナコ公国の主権

フランス革命の大波を乗り切ってモナコ公国の主権は保たれた。でも、その後も歴史の波にモナコ公国の主権は揺れ動いたんだ。まずは財政難。これはモンテカルロにカジノをオープンして乗り切った。

第一次世界大戦後のヴェルサイユ条約ではフランスはモナコ公国を保護することとなっていた。でも、西暦1940年にはイタリアがモナコを占領し、西暦1943年にはドイツがモナコを占領したんだ。

その後、平和を取り戻したモナコ公国のレーニエ大公がハリウッド女優のグレース・ケリーと西暦1956年に結婚し、世界の注目を集めたりもした。(下の画像はレーニエ大公と大公妃グレース・ケリーが眠るモナコ大聖堂をモナコの岩山の上に見上げた様子。)

モナコ公国の大公宮殿近くの大聖堂を海辺から見上げた

でも、その時点でのフランス・モナコ条約の規定では、モナコ大公家が断絶した場合にはモナコ公国はフランスに併合されることとなっていた。

そして今のモナコ大公アルベール2世が即位した西暦2005年に新しい条約がフランスとモナコ公国との間に結ばれ、仮にモナコ大公家が断絶してもフランスへの併合が為されないこととなったんだそうな。そんなこんなでモナコ公国の主権の歴史は微妙な綱渡りの連続だったんだね。

ついでながら、フランス南部プロヴァンス地方に岩山の上の城跡が印象的なレ・ボー・ド・プロヴァンスという街がある。そのレ・ボーの元々の支配者だったボー一族が15世紀前半に断絶したんだけど、西暦1642年にレ・ボー侯爵の爵位がモナコ大公家に与えられている。その爵位は今もモナコ大公家に引き継がれている。

次のページ



姉妹サイト ヨーロッパ三昧

ヨーロッパ三昧

このサイト「ヨーロッパの歴史風景」の本館が「ヨーロッパ三昧」です。イギリス・フランス・イタリア・スペイン・ギリシャ・トルコ・エジプト・ロシア・アゼルバイジャンなど25国45編の旅行記を掲載しています。こちらも遊びに行ってみてくださいね。

「ヨーロッパ三昧」のトップ・ページのURLは、 http://www.europe-z.com/ です。

Copyright (c) 2002-2013 Tadaaki Kikuyama
All rights reserved
管理・運営 あちこち三昧株式会社
このサイトの画像 及び 文章などの複写・転用はご遠慮ください。