ヨーロッパの歴史風景 近代・現代編




西暦1943年、連合国軍がイタリア本土に上陸し、ナポリを占領した。


連合国軍がイタリア本土に上陸

第二次世界大戦真っ最中の西暦1943年7月、連合国軍はイタリア南部のシシリア島に上陸した。その後、イタリア国内のクーデターによって独裁者ムッソリーニが失脚し、新しく成立したイタリア政府は連合国との講和を模索し始めた。しかし、ムッソリーニ失脚後もナチス・ドイツ軍はイタリア各地に展開し、連合国軍の上陸を阻もうとしていた。

他方、連合国軍はイタリア南部の街ナポリを占領することを目指していた。ナポリ港がイタリア本土上陸後の補給に役立つと見込まれたんだ。そして9月、連合国軍はシシリア島からイタリア半島の先端にあるカラブリアに渡った。いよいよイタリア本土上陸作戦が始まったわけだ。

イタリア南部カンパーニャ地方の街サレルノの砂浜と街並み

その数日後の西暦1943年9月9日、連合国軍のイタリア本土侵攻作戦の主力部隊がナポリの南にあるサレルノ近辺に上陸を始めた。上の画像は今のサレルノの砂浜と街並みなんだけど、上陸する連合国軍の前に立ちはだかったのは、水着を着てのんびり過ごす人々ではなく、準備万端のナチス・ドイツ軍の兵士たちだった。

前日の9月8日にはムッソリーニ失脚後のイタリア政府が連合国に降伏していた。でも、それを見越していたナチス・ドイツ軍は重要拠点に部隊を配置し、連合国軍の上陸に対する防衛体制を整えていたんだ。

パエストゥムにも展開した連合国軍

本格的な上陸作戦を始めた連合国軍の部隊は、サレルノのみならず、近くのパエストゥムなどでも上陸したらしい。ナチス・ドイツ軍はそのパエストゥムにも戦車部隊などを置き、連合国軍部隊の進撃を阻もうとした。連合国軍は艦砲射撃を加えてナチス・ドイツ軍を撃退したんだそうな。

イタリア南部カンパーニャ地方のパエストゥム(ポセイドニア)に残る古代ギリシャ人のアテナ神殿

余談ながら、パエストゥム(ポセイドニア)には古代ギリシャ人の遺跡が残っている。例えば上の画像に見る古代のアテナ神殿などがある。戦火で貴重な古代遺跡が破壊されなかったことがとっても有り難いよね。

ナポリに向かって進撃した連合国軍

サレルノ周辺の海岸地帯を確保した連合国軍は、上陸作戦の主要な目標だったナポリを目指して進撃を始めた。しかし、ナチス・ドイツ軍がイタリア南部の中心都市ナポリを黙って明け渡すはずもなかった。

イタリア南部カンパーニャ地方の街ナポリの地下探検(ソッテラネア)で見た地下に残るナチス・ドイツの戦車

ナポリには地下に潜って抵抗を続けたナチス・ドイツ軍の戦車(上の画像)も残されていた。ナポリの地下に残る古代遺跡を見て歩くナポリ・ソッテラネア(地下探検)に参加した時に撮影したものなんだけどね。

連合国軍によるナポリ占領

ナチス・ドイツ軍と連合国軍との争奪戦は、ナポリの街に破壊をもたらしてしまった。例えば14世紀前半に建てられた歴史あるサンタ・キアーラ修道院も破壊されてしまった。下の画像は終戦後に再建されたサンタ・キアーラ修道院の様子なんだ。(ちなみに、サンタ・キアーラ修道院の奥には、美しいマヨルカ焼きに飾られたクラリッセのキオストロもある。)

イタリア南部カンパーニャ地方の街ナポリに再建されたサンタ・キアーラ修道院の内部

そんな戦いの末、10月に入ってすぐにナポリの街は連合国軍によって占領されている。更に10月中旬にはイタリア南部でのナチス・ドイツ軍の抵抗が終わっている。

でも、イタリア本土での連合国軍の進撃はなかなか進まなかった。ドイツが防衛線を固めていたからね。対する連合国軍はドイツ軍の補給線を破壊すべく、古代からの交通の要衝であるボローニャなどに空爆を加えたんだ。(それでもボローニャには聖ステファノ教会群ヨーロッパ最古の大学の建物などが今も残っているのが有り難いね。)

西暦1943年8月には連合国軍はイタリア北部の中心都市ミラノで空爆を行った。その際、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にも爆弾が落ち、その一角にある修道院の食堂もひどく損壊したらしい。でも、その食堂の壁にあるダヴィンチの名画「最後の晩餐」は辛うじて被害を免れたんだそうな。

同様にミラノのドゥオモ(大聖堂)も損壊を免れている。他方で中世のミラノ大公の居城だったスフォルツェスコ城の破壊はひどかったらしい。現代の私たちが「最後の晩餐」を見ることが出来るのは、神様の御加護があったからかな。

連合国軍がイタリアの首都ローマを占領したのは、西暦1944年6月のことだった。フィレンツェの攻略はその2ヵ月後のこと。最終的にイタリアでの戦いが終わったのは、西暦1945年5月のことだった。

余談ながら、連合国軍がイタリア半島を北上しているまさにその時、西暦1944年3月のことなんだけど、ポンペイを壊滅させたヴェスヴィオ火山が噴火している。連合国軍の兵士たちもさぞかし驚いただろうね。

次のページ



姉妹サイト ヨーロッパ三昧

ヨーロッパ三昧

このサイト「ヨーロッパの歴史風景」の本館が「ヨーロッパ三昧」です。イギリス・フランス・イタリア・スペイン・ギリシャ・トルコ・エジプト・ロシア・アゼルバイジャンなど25国45編の旅行記を掲載しています。こちらも遊びに行ってみてくださいね。

「ヨーロッパ三昧」のトップ・ページのURLは、 http://www.europe-z.com/ です。

Copyright (c) 2013 Tadaaki Kikuyama
All rights reserved
管理・運営 あちこち三昧株式会社
このサイトの画像 及び 文章などの複写・転用はご遠慮ください。