ヨーロッパの歴史風景 近世編




西暦1787年、黒海東岸の国グルジア(旧ソ連)で、ロシアとオスマン・トルコが戦火を交えた。


コーカサスの水運の中心クラ川(クワリ川)と
グルジアの首都トビリシ

古来より、黒海の東岸まで運ばれた物資は、現在のグルジアを経て、ユーラシアの内部に運ばれていた。その際に水運の中心として利用されたのが、グルジアを縦貫するクラ川(下の画像)なんだ。但し、地元グルジアの人々は、この川をクワリ川と呼んでいるんだけどね。

グルジアの首都トビリシを流れるクラ川(クワリ川)

ロシアとオスマン・トルコとのグルジア争奪戦

そんな水運の中心となるクラ川のほとりにあるのが、グルジアの首都トビリシ。当然ながら、この地域の覇権を目指す勢力の争奪戦の的になる。

例えば、西暦1787年には、ロシアの保護下にあったグルジアを舞台に、ロシアとオスマン・トルコとの戦いが勃発し、トビリシにおいても戦闘が行われたんだ。

グルジアの首都トビリシを見下ろす城

その際、トビリシを見下ろす山の上にあった城も、砲撃によって破壊されてしまった。上の画像は現在の城の様子なんだけど、今では見ることができるのは城壁だけなんだ。(城壁の中の建物は、後に建設された教会。)

次のページ(近代・現代編)



姉妹サイト ヨーロッパ三昧

ヨーロッパ三昧

このサイト「ヨーロッパの歴史風景」の本館が「ヨーロッパ三昧」です。イギリス・フランス・イタリア・スペイン・ギリシャ・トルコ・エジプト・ロシア・アゼルバイジャンなど25国45編の旅行記を掲載しています。こちらも遊びに行ってみてくださいね。

「ヨーロッパ三昧」のトップ・ページのURLは、 http://www.europe-z.com/ です。

Copyright (c) 2002-2011 Tadaaki Kikuyama
All rights reserved
管理・運営 あちこち三昧株式会社
このサイトの画像 及び 文章などの複写・転用はご遠慮ください。