ヨーロッパの歴史風景 先史・古代編




紀元前318年、プトレマイオス朝エジプトがキプロスを征服した。


地中海東部、現在のトルコ領小アジアの南に浮かぶ島キプロス。その西部に観光客でにぎわうパフォスの街がある。右下の画像は、パフォスの街の港の様子なんだ。

キプロス西部にあるパフォスの街の港

パフォスの街から少し離れた場所にある海岸(右下の画像)。一見したところでは、何の変哲も無い海辺の荒地だよね。でも、ここにも長い地中海の歴史を感じさせる遺跡が眠っているんだ。

パフォスの街の近くにある海辺の風景(キプロス)

エジプトのプトレマイオス朝王家の墓(キプロス)

それが右下の墓。地元では「王家の墓」と呼ばれている。かつて古代エジプトを支配し、あの女王クレオパトラを生んだプトレマイオス王家に連なる人々の墓なんだ。

パフォス近くにあるプトレマイオス家の墓(通称「王家の墓」) キプロス

ペルシャを席巻し、果てはインドにまで攻め込んだアレクサンダー大王が若くして亡くなった後、彼の支配下にあった将軍達は各々に自立していった。

その一人であるプトレマイオスは、エジプトを支配下に収めてプトレマイオス朝を開いた。そして紀元前318年、プトレマイオスの弟メネラウスがキプロスを征服したわけだ。プトレマイオス王家はその一族の中からキプロス総督を派遣し、彼らはこの海辺の墓地に葬られたと言うわけだ。

その後、紀元前306年には、やはりアレクサンダー大王傘下の将軍だったアンティゴノスの息子デメトリウスがキプロスを占領。しかし、紀元前295年には再びプトレマイオス朝エジプトがキプロスを奪還している。

その後もキプロスは地中海の要衝として盛衰を繰り広げる勢力の争奪の場となっていく。古代ローマ、ビザンティン、アラブ、ビザンティン、十字軍、ルジニャン家、ヴェネツィア、オスマン・トルコ、イギリス.....。

次のページ



姉妹サイト ヨーロッパ三昧

ヨーロッパ三昧

このサイト「ヨーロッパの歴史風景」の本館が「ヨーロッパ三昧」です。イギリス・フランス・イタリア・スペイン・ギリシャ・トルコ・エジプト・ロシア・アゼルバイジャンなど25国45編の旅行記を掲載しています。こちらも遊びに行ってみてくださいね。

「ヨーロッパ三昧」のトップ・ページのURLは、 http://www.europe-z.com/ です。

Copyright (c) 2002-2011 Tadaaki Kikuyama
All rights reserved
管理・運営 あちこち三昧株式会社
このサイトの画像 及び 文章などの複写・転用はご遠慮ください。